セミリタイアをするにあたり諦めようと思っている3つのこと。

セミリタイアをするにあたり、僕の中であきらめようと思っていることが3つあります。

  1. 結婚をすること
  2. 子どもを作ること
  3. 社員を雇うこと

まず、この3つは諦めようと思っていることであって、完全に諦めたわけではありません。ただ、可能性としては自分の中ではほとんどないだろうなと考えています。

結婚をすることを諦めようとおもった理由

20代後半に一度、結婚を真剣に考えたことがありました。ただ、その頃は借金があったり、サラリーマン生活で十分な給料を稼ぐことができておらず、当時、付き合っていた彼女から別れを切り出されました。

自分の器量が足りなかったせいで別れることになっちゃったんですけどね。その後も結婚を前提に付き合うことを考えた相手もいたのですが、ことごとく相手からふられてしまいました。

最近はもう借金もなくなったんですけど、サラリーマンをやめて自営業をやっていることに対して不安を感じているようで別れることになります。正直、僕自身も転職を繰り返したり、アホみたいな借金をしたりとかで、世間一般の普通の人ではないんだろうなと思います。

実際、昔、付き合っていた人からは「普通の人がよかった。」と言われたこともあります。(苦笑)

僕の過去のことは改めて話すとして、これからセミリタイアを考えている人間のところになんて、結婚をしたいと思ってやってくるような女性はいないでしょうし、そもそもひとりでいる方が何かと経費もかからなくて気軽なので、結婚をすることは諦めようと思っています。

子どもを作ることを諦めようとおもった理由

子どもを作ることを諦めた理由は、結婚をすることを諦めた理由と一緒で、自分一人で生きることを決めたことと今の自分では責任を取ることもできないので諦めることにしました。

社員を雇うことを諦めようとおもった理由

今はフリーで仕事をしていますが、ゆくゆくは稼ぎによっては法人化をしようかなと考えています。ただ社員は雇うことは絶対にしません。雇ったとしてもバイトか派遣社員だけです。

正直、僕は会社を作って世の中を変えたいとか、自分に関わる人を幸せにしたいなんていう気持ちはあまりありません。(仕事を依頼されたらきちんとやりますけど。)

社員を雇うとマネジメントをしたりしないといけないし、そもそも、人を雇ってその人の人生を背負うような勇気は自分にはありません。ヘタレな人間なんで。

セミリタイアをするのに自分の代わりにビジネスを回してくれる社員とかいたほうがいいかなと思う時もありますが、そもそも社員が僕の代わりにビジネスを回してくれるなんてことを考えながら、ビジネスをやろうとすることじたい間違っていそうな気もします。

それに今の世の中は代行してくれそうな企業もたくさんあるので、その企業にお願いをしていこうと思います。僕は性格的にヘタレでめんどくさがり屋なので、お金で解決できそうなことはお金だけで解決をしたいと思っています。ビジネスに関しては過度な人間関係を作りたくなくて…。

状況に応じて変わる可能性はあります。

上記が僕がセミリタイアをするのにあたり諦めようとしていることですが、セミリタイアをしてみたら考え方も変わっていく可能性もあるので、あくまで諦めようと思っているということにしておきます。

とはいえ、95%以上は諦めていますけどね。

自分で商売をやりながら、種銭を稼いで、そこから投資系に早い段階に移っていきたいんです。ひとりでのんびりと生きていきたい。めんどくさいこととか、しんどいことはしたくないです。

ブログランキングに参加中ですので、記事の内容がよかったらクリックをしてください!

“セミリタイアをするにあたり諦めようと思っている3つのこと。” への2件のフィードバック

  1. はじめまして。
    僕も似たような考えですが、ただ結婚は使いようによりますよ、自分と同じようなリタイア願望の女性とか稼ぎのある女性ならむしろ一人よりリタイアが早まる可能性もあります。家賃その他生活コストなんか折半できますからね。
    逆に専業主婦だともうこれは早期リタイアが絶対無理になりますねw

    • カズ より:

      >招き猫の右手さん
      コメントありがとうございます!
      なるほど、結婚も使い方によってはセミリタイアに有利に働くんですね!
      その考えは全く持ってなかったです。すごく参考になりました。
      確かに専業主婦を希望されると、セミリタイアしていない場合だと無理ですね。^^;
      当面はひとりでセミリタイアをすることを考えつつ、似たような考えの持ち主とであれば結婚もひとつの方法として検討してみます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ