セミリタイアに向けて3年間は捨てます。

僕の中で決めたこととして、3年間はセミリタイアをするための準備期間として、ビジネスと投資をするためだけに時間を使います。

この3年間はセミリタイアをするためだけに頑張る期間として、遊んだりすることはしません。

ただ、お金を稼ぐための仕組みを作るために努力し続ける3年間です。

そのぐらいの気持ちでいないと、セミリタイアってできないと思っています。

ようやく自由な立場で仕事ができているのに、いつまでも自営業者として仕事をし続けるよりも、死ぬ気で3年間働いて、残りの人生をゆっくりと遊んで暮らせたら最高じゃないかなと思っています。

30歳を超えたあたりから、日に日に体力は落ちてきているのは実感をしていますが、それでもまだ元気はあるから、遠い旅行をしても大丈夫だと思います。

これが60歳ぐらいだと海外旅行とかは正直、無理でしょうし、どうせ一度しかない人生なのだから、自分の好きなように生きたいんです。

サラリーマンとして生きていた頃と違って、今の自分はようやく自由になんでも出来るんだという気持ちになれました。独りでいることの最大のメリットは、なんでも自分で自由にできて、いつでもやめることができる。サラリーマンだと言われたことをやらなければいけないですが。独りでビジネスをやり始めた時は戸惑う部分もありましたが、今はそれもなれました。

僕は独りで生きていくことのほうが向いているんだと思います。他の人に余分な気を使うことなく、独りでセミリタイアをできるところまで一気に駆け抜けていきます。

ブログランキングに参加中ですので、記事の内容がよかったらクリックをしてください!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ